性病の感染経路は一つではないのです

淋菌が感染する場所は男性器だけではありません。男性も感染者の性器を舐めるなどの行為をすれば、喉にも感染することがあります。

実際のセックスはしていないと思って安心してオーラルセックスを楽しんだとしても、喉に感染した場合は、菌を保持していることになります。

その場合の症状などはどうなのでしょうか。淋菌がオーラルセックスなどによって男性の喉に感染するケースは珍しくありません。

性病の性器感染の危険性のイメージ

むしろ近年の傾向では、男性器よりも、男性の喉から検出される淋菌の方が多いとも言われています。この場合の症状は、ほとんどの症例では何の症状もないことが特徴的で、喉が赤くなったり、扁桃腺が腫れるなどの症状もほとんど見られないと言われています。

ほとんど症状がないのに、どうやって咽頭炎を起こしていると診断するのかと言うと、男性の場合は、男性器に淋菌の感染がある場合、症状が明らかなものが多いです。

しかも性行為をするときにオーラルセックスをしている可能性が高いですから、一緒に検査をするので、喉にも感染しているかどうかを判断できます。

感染している本人にはなんの症状もありませんから、なんで?どうして?と言う不思議な感覚や、信じられないと言った思いになることが多いでしょうが、淋菌は保持していても良いことはありませんので、できるだけ排除するために治療することが必要です。

喉の淋菌の有無を調べる方法としては、喉を綿棒でぬぐって調べる方法と、うがい液を使って調べる方法があります。自覚症状がないのに咽頭炎だと言われても納得出来る方は少ないと思いますが、淋病は性器感染すると恐ろしいものなので、早めに治療するようにしましょう。

コマーシャル・ジスロマックの通販・個人輸入代行なら後払いOK|アイドラッグマート http://www.idrugmart.asia/drug/zithromax.html