2017
11.09
病原菌のイメージ

尿道炎を我慢するとどうなる?それはもしかしたら淋病かもしれませんよ

症状

男性が淋病に感染するとよくある症状としておしっこのときに痛みを感じると言うものがあります。その症状は決してちょっとやそっとのものではなくて、明らかにおしっこをするのが辛くなるほどのものです。

しかし世の中にはその痛みに耐える男性もいて、びっくりするほど我慢している方もいます。このおしっこのときの痛みを必死に耐えてしまった場合はどうなってしまうのでしょうか。

おしっこのときの痛みは、そもそも尿道炎が起こっている状態の代表的なものです。尿道炎は淋菌のような性病を始め、尿道に必要ではないばい菌が侵入したときにもなる可能性があります。

そのため、尿道口が赤くなって見えることもあります。淋病に感染して尿道炎を起こすと、大抵はこの辺りで異常に気付いて何らかのアクションを起こします。

しかし、この痛みを必死に耐えて自力で治そうとする人もいます。尿道炎を我慢してしまうと、尿道炎を起こしているばい菌や淋病の場合は淋菌の感染が、どんどん進行してしまい、尿道だけの炎症では済まない状態になります。

すると尿道からずっと奥にある臓器にも菌が侵入して行き、いろいろな臓器にも感染を広げてもっと重篤な状態を作り始めます。

大抵の場合、尿道の次に感染するのは、睾丸です。副睾丸炎(精巣上体炎)と言う状態になります。この副睾丸と言うのは、睾丸で作られた精子を一時的にプールしておく場所で、男性の体で言うと、正面から見た睾丸の裏側あたりになります。

淋菌に限らず何らかのばい菌が尿道に入り込んで尿道炎を起こしているなら、自力で治せませんので速やかに医療機関を受診しましょう。

コメントは利用できません