2017
11.09
『STOP』

女性が性病になった時、症状はどのようなものになるんでしょうか?

症状

気になる性病の症状!

女性がなりやすい代表的な性病の一つは、クラミジア感染症です。クラミジア感染症にかかったとき、おりものの量が増えたり、お腹が痛くなったりします。

クラミジア感染症は感染力が強く、二分の一の確率で感染してしまうそうです。クラミジア感染症を放置しておくと、子宮や卵管が炎症を起こしたり、妊娠時に胎児に感染して流産を引き起こしてしまう危険性があるので、クラミジア感染症にかかっていると思ったら、すぐに病院で見てもらいましょう。

また、クラミジアに感染したままだと、他の感染症にかかる確率が格段にあがってしまうので、出来るだけ速く対処するようにしましょう。

クラミジアの次にかかりやすいといわれる性病は淋病だといわれています。淋病にかかっている女性はクラミジアにかかっている可能性が高いです。

クラミジアにかかると他の感染症にかかりやすくなるので、淋病にもかかりやすくなるんですね。淋病にかかるとおりものの量が増えたり、おりものの色が変わったりします。

また、おりものの匂いがキツくなったりします。淋病も放置しておくと、胎児に悪影響を与える可能性があるので早めに病院で見てもらいましょう。

次にかかりやすいといわれている性病は性器ヘルペスです。症状としては、外陰部にやけどをしたような水ぶくれが出来ることがある、排泄するときにさすような痛みを感じる、リンパ節が痛くなったりします。

しかし、場合によっては症状がでない場合があるので、気づかないうちにパートナーに感染させてしまうこともあります。また、性器ヘルペスは再発しやすい性病であるといわれています。

なので、一度治すことが出来ても、体調が悪化するとぶり返すこともあります。尖圭コンジローマという性病は、感染力が非常に強く、プール等でも感染する危険性があるといわれています。

外陰部を中心としてイボが出来るというのが主な症状です。自然に治ることもあるのですが、症状が治まらないようだったら病院に行ってみてもらいましょう。

コメントは利用できません